ビル群の中の和 7/14

2018年7月13日は願いが叶うという「新月」と、縁起が良いという「一粒万倍日」が重なる日だそうだ、このことを翌日に知る。中島氏の誘いを受けて大手町の和傘を使った「和ルミネーション」へ、和傘のデザインは美しいです。高層ビルが立ち並ぶ異空間、タイ料理のテラス席で時間の経過を楽しみながら人間ウォッチング。13日は中島氏の還暦祝いの誕生日、おめでとう!!

 

 

NEWoMAN ART wall. 7/14

暑さが少し収まった時間帯、あれもない、これもないと事務用品を買いに東急ハンズとヨドバシへ。楽しみにしてるNEWoMANの壁面アートスペースは田中健太郎氏の作品、異素材で表現されてるのが楽しい。まだまだ暑さが厳しい夕方、A3コピー用紙の一束は実に重たい、体力を消耗して帰宅する。

 

 

西荻 7/14

ドットとストライプの生地を求めてカントリーキルトマーケットへ。お店へは緑に覆われたフラーワーショップ「エルスール」の前を通って。

 

 

デザインあ展 7/14

電車を待つ西荻窪駅、もう始まってると思ってたデザインあ展は7月19日から。2013年21_21DESIGN SIGHTで開催された作品を新たに掘り下げた内容、ぜひ行かねば。展覧会ディレクターは佐藤卓、中村勇吾、小山田圭吾。

 

 

ボードウォーク 7/14

お土産にいただいたチョコレート、大好きなUnder the Boadwalkの曲を聞きながらいただく。ボードウォークは木の板を張って作られた遊歩道、チョコレートのパッケージはこの曲を連想させる。ベッド・ミドラーが歌ったこの曲と主演の映画「フォーエバー・フレンズ(原題はBEACH)」良かったな…。

 

 

初ともろこし 7/14

店先の美味しそうなともろこし、連日の暑さでアイスクリームも購入。スイカ、冷たい飲み物、アイスクリーム2本、その日の夜お腹がエラいこっちゃになる。翌日は何もなかったような快調のお腹、でもまた夜に…。初のとうもろこし、未だに冷蔵庫の中に。

 

 

七夕 7/14

7月7日に六本木ミッドタウンへ、茅乃舎の前は七夕飾り、日本の夏です。

 

 

21_21DESIGN SIGHT企画展 7/14

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展へ、展覧会ディレクターは中村勇吾氏。参加作家は映像、アニメーション、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインの方達。違いが楽しめる映像、温かな服装でもう一度行くことにしよう。長時間楽しめる空間、冷房が苦手な私には辛い。(笑)

 

 

夏期ワークショップ 7/4

2017からキルターズスタジオ夏期ワークショップがスタート。現在、お教室では大きなキルトをメインに、以前は小物・キャラクター・ハワイアンキルトetc. いろいろなオリジナルデザインの指導をさせていただいてました、夏期ワークショップは補習という形で開催。2017第1回は「外付けファスナーポーチ」ファスナーの長さとポーチの形のデザインについて。今年は「キャラクターデザイン」、キルトジャパン2011のスペシャルレクチャー「オリジナルキャラクターをつくろう」は人気の11ページでした。今回は一般の方も学べるクラス8月23日(木)10:30~16:00を設けました、詳細はSchoolページをご覧ください、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

緑 7/4

プレゼントにいただいた枝花、花は数日で散ってしまいましたが毎日水切り、緑の葉が日々癒してくれます。

 

 

長野キルトフェスティバル 7/4

ユニットF.O.I藤田久美子×中島一恵のトークショウとギャラリートーク、この日まで体調管理を、無事に終えホッです。お教室を終え暗くなっての長野入り、カオハガンキルトの吉川順子氏達と夕食、懐かしい友との語らいはあっという間に過ぎる。信州の小麦粉を使ったというピザは格別、そう説明を受けたから美味しく感じるのかな。笑

 

 

日本ーポーランド 7/4

長野のホテルで迎えた日本ーポーランド戦、最後の10分間は賛否両論、にわかファンなので難しいことはわかりませんが…。

 

 

トークショウとギャラリートーク 7/4

当日はお天気良好、ホテルの部屋からは山々がくっきり。ギャラリートークは藤田久美子の作品⇒F.O.Iの作品⇒中島一恵氏の作品⇒キルターズスタジオの生徒さん達の作品の順に説明させていただく。いただいた時間は30分、もう少し時間が欲しい。中島氏の一つ一つの作品の奥深さに改めて感心し、11名の生徒さん達の個性ある作品群にグッときたり。このような展示企画をいただきましたことに感謝です。

 

 

プライベートタイム その1 7/4

長野キルトフェスティバルを終えてからはプライベートタイム。草間弥生展を観たり、松本にゆかりのある生徒さんに案内いただいたり、楽しい時間を過ごす。

 

 

プライベートタイム その2 7/4

松本観光、重文旧開智学校は和洋折衷の建物「観光してるぞ」という重厚な気持ちに。長野キルトフェスティバルのトークショウでお話しましたが、中島氏とは1989年に出会い、ユニットを組んで8年、人生終盤、楽しく仕事をさせていただいてることに感謝、ツーショットは記念に残る1枚。

 

 

断捨離 7/4

物が増えていくばかり、まずはベランダの鉢の整理、ご近所の方にもらっていただきました。

 

 

キルト時間 7/4

昨年の暮れにまさかのセミノールパッチワークの依頼、研究する時間をください、それからお返事をさせていただきますと。まずは、ピースのサイズに縫い代1.5をプラス、出来上がり線を引かずに押さえがねの幅に合わせてミシンピーシング、初歩的なことからスタート。バリエーションを制作して自信を付けてから年明けに「はい、やらせていただきます」と。キルト時間の表紙にバリエーションが登場!!出版社側の意向で、作り方は初心者の方でもわかりやすいようにと縫い代は0.7で表示されてます。