学ぶ 8/30

ユニットの相棒中島一恵氏はカルトナージュと刺繍の学びを。レッスン帰りの打ち合わせ日は、その日に学んだことを目を輝せながら話してくれる、学ぶ楽しさが伝わってきます。丁寧に作られたカルトナージュボックス、後側の柄合わせが美しい!!やっぱり物作りはこうでなければ。



ナイトミュージアムその1 8/30

多くの美術館の金曜日は遅くまでの開館、21時までの東京庭園美術館へ。「アールデコ様式の邸宅美術館」展、いつもの企画展と異なり建物の細部まで堪能、同時開催の「ARTDEKOCOLLECTORES」、松本瑠樹氏のポスターコレクションは圧巻です。9月29日までの開催、お出かけはぜひ金曜日のナイトミュージアム、建物から門までの長い夜道は幻想的。



ナイトミュージアムその2 8/30

東京庭園美術館は2014年の11月に3年間の改修工事を経てリニューアルオープン、新建物の展示空間が超格好いいです、新館の構想アドバイザーは現代美術家の杉本博司氏。本館と新館を結ぶ渡り廊下は小さなドット?のガラス壁、光りが作り出す文様がオモシロい。



アールデコ様式 8/30

今回の展でロシア構成主義、バウハウス、アールデコのそれぞれの良さを再確認する。重なる本の下は2003年開催のきらめくモダンの夢「アール・デコ」展の図録、上はヨーロッパアールデコのグラフィックの本、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、オランダ、イギリスの国々の特徴が興味深い。



娘宅泊 8/30

娘ファミリーのお盆休みは大阪帰省、その間のビデオを観たり話を聞いたり…。植物園で購入したという食虫植物は不思議植物、じっくり構造を観察する、語る孫は熱い。ディズニー・オンアイスアメイジングアニバーサリーに行ったというパパが撮ったビデオ観賞、会場にいるが如く「美女と野獣」~「アナと雪の女王」を、アニメのキャラクターが氷上を滑る夢の世界、孫達の感想を聞き忘れる。今回の滞在はゆっくり、孫達のエネルギーを貰って帰宅する。



たまがわ花火 8/30

娘宅滞在中に二子玉川の花火大会へ。少し早めに出かけてレジャーシートを敷いてスタンバイ、夜風が気持ちいいです。夜空に広がる花火、写真を撮るタイミングが難しい。



うなぎの「阿づ満や」 8/30

お食事は、味はもちろん雰囲気も大切。辻村寿三郎館と同じだというレトロなガラス窓、藤田嗣治の絵が沢山飾られた昭和モダンの雰囲気のあるお店。接客は大女将とご主人、着物姿が美しい竹久夢二の美人画のような若女将、三人三様の個性が光る。お酒を飲みながら肝焼き、ヒラメの刺身、白焼き、そして〆に鰻重、市ヶ谷駅近くにある素敵なお店。



映画 8/20

夏休み中に孫達が観たいと言っている映画、お兄ちゃんは「ジュラシック・ワールド」、妹は「ミニオンズ」だそうだ。お兄ちゃんはパパと一緒、妹はママと一緒。

 

 

お盆休み 8/20

またまた今年のお盆休みも仕事…。グラフ用紙に製図、厚トレーシングペーパーで型紙作り、布裁ち、ピースワーク。1日のノルマを課してファイト!!何処か遠いところに行きたいな~。



コカコーラ 8/20

地下鉄通路にコカコーラのポスター、金魚、花火、うちわetc.の涼しげなモチーフ。キャッチコピーは「夏を変えよう、キミを変えよう」、どう変わればいいのこの私!!



JAZZ 8/20

素敵なキルトを作り、格好良くジャズを唄う松尾緑氏のライブへ。前回のライブは誕生日を祝っていただいた思い出深き日。訓練の賜物か?弱かったお酒がだいぶ強くなってきました、お酒を飲みながらのジャズ、大人な感じ。



赤坂サカス 8/20

ジャズライブの場所は赤坂、ライブ前と後で街を楽しむ。日枝神社、TBSスタジオetc..そして赤坂サカスでお食事、毎日頑張ってお仕事しているご褒美。長~い階段は日枝神社、上りはエスカレーター、下りはテクテク。旅行気分にワクワク。



ファブリックパネル 8/20

ファブリックパネル製作は、専門のタッカー(大型ホッチキス)を使います、裏技は両面テープ。



新宿 8/20

画材専門店の世界堂へ材料買い出し、往路はウィンドウショッピング。バーニーズニューヨークはフェイクファー?伊勢丹はネオンチューブアート。世界堂の並びは映画館、「ジュラシック・ワールド」の宣伝を横目に帰宅する。



秋の気配 8/20

まだまだ暑い日が続いてますが、空は秋のうろこ雲登場。



恐竜展と映画 8/11

仕事先は11日、12日からお盆休み、私はたぶん締め切りの作品制作に没頭…。恐竜大好き、幕張の恐竜展に行きたいな~、ジュラシック・ワールドの映画を観に行きたいな~。



ラース・ミュラー展 8/11

仕事を終え、ギンザ・グラフィック・ギャラリーへGO。ラース・ミュラー氏はグラフィックデザイナー、そして出版社ラース・ミュラーの代表。展示作品は氏厳選の100冊、本を触ったり、椅子に座ってじっくり読めたり贅沢な空間の演出。会場構成をしたのは建築家の藤本壮介氏、帰宅してからそのことを知る。



ヘルベチカの本 8/11

ずいぶん前に購入したこの本もラース・ミュラー社。



藤本壮介氏 8/11

ラース・ミュラー展の展示空間をデザインしたのは建築家の藤本壮介氏。氏を知ったのは数ヶ月前、六本木にあるギャラリー間「藤本壮介展 未来の未来」。建築は自分の仕事に縁のない世界と思いきや、接点があるのがおもしろい。



アスパラガスの花 8/11

アトリエ玄関前のアスパラガスが白い可愛らしい花を咲かせてます、甘く優しい香り。冬に赤い愛らしい実になるのが楽しみ。



夏カレー 8/11

カレーを食べると何だか元気が出るような、このカレーのおかげで夏バテ解消。



代々木ビレッジ 8/11

尊敬できる方との打ち合わせ、久し振りにお会いできたのが嬉しい。打ち合わせ後は代々木ビレッジCode kurkkuでランチ、話題はつきぬ。代々木ビレッジのお庭は西畠清順氏のプロデュース、オープン当初との変化に疑問を感じてたけど、ドラム缶に植えられた木々、夏の暑さに緑の演出、これが氏の狙いだったのだとやっと解ったのでした。暑い日々が続いてます、このお庭はオアシス…。



デザインハブ 8/11

仕事を終え、夕方から六本木デザインハブのトークショーへ、そして娘宅のハードな1日。孫に久し振りに会えると思うと、昼間からワクワク。



娘宅 8/11

久し振りに娘宅泊、遅い時間に訪問し、翌日は早い時間に帰宅する。お兄ちゃんはパパとサッカーの合宿、その留守の合間の訪問である。おままごと、レストランのシェフとお客さんの順番こがずーっと続く…。帰りに手作りパンのおみやげ、僅かな滞在は次の仕事へのエネルギー。