ミシンキルティング 10/15

ドーム作品、トップが仕上がりキルティングライン引き、キルト芯張り、やっとミシンキルティング。前回同様トップを分割してジョイント仕上げ、この方法は一長一短、小さな面積のキルティングは楽だけど、ジョイントは一手間。2㎝グリッドのキルティング、奇麗に仕上げるコツは丁寧なしつけ。ミシン糸はコーツデュエットの生成り、黒生地部分のキルティングに緊張する。

 

 

グリッド(格子)キルティング 10/15

キルト&ステッチショーで優秀賞を受賞されたキルターズスタジオの生徒さんの作品は1.5㎝の格子キルティング。グリッドで構成されたデザイン文字、格子キルティングは正確なピースワークが成せる技。

 

 

ルーク・ヘインズのキルティング 10/15

ルーク・ヘインズ氏の直線のキルティングが好き、行換えはカーブで、そのカーブ部分がチャーミング。作品とキルティングの相互関係、グラフィカルなF.O.I(藤田久美子×中島一恵)の作品はグリッド(格子)キルティング。

 

 

スリーショット 10/15

ルーク氏×ガールフレンド×小関鈴子氏、笑顔が素敵な三人。

 

 

小関鈴子賞 10/15

キルト&ステッチショーの小関鈴子賞はスクラップが楽しいダブルウエディングリング。ところどころにF.O.I(藤田久美子×中島一恵)のオリジナルプリントを使っていただいてるのが嬉しいです。

 

 

重なり 10/15

キルト&ステッチショー、シンプルな四角つなぎにオーガンジー?を重ねた作品、縫い代が重なった深みのある色は、いい感じのアクセント。ベースの英字プリントはF.O.Iのオリジナルプリント、素敵な作品に仕上げていただいて生地が喜んでます。

 

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 10/15

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行かれた生徒さんからミニオンのおみやげ。アトラクションを七つも楽しまれたとのこと、いいな~。数年前の大阪出張、数時間の空きを利用してユニバーサル・スタジオへGO!!混雑でアトラクションはジュラシック・パークの一つだけ。最後のスプラッシュ・ダウンはびっくり、周りの人がレインコートを着てるのに納得。

 

 

代々木ビレッジ 10/15

休日、代々木ビレッジのCode Kurkkuでお客様とランチを楽しむ。ハロウィンを楽しむ親子が微笑ましい。孫達のハロウィンパーティーがなくなったのが残念。

 

 

ドコモタワー 10/15

雲一つない上天気、代々木駅に向かう裏道。ビルの谷間に見えるドコモタワー、この景色が好き。

 

 

新村則人デザイン展 10/7

山口県のクリエイティブスペース・赤レンガで新村則人デザイン展が開催されました。新村氏は無印良品キャンプ場のポスター[キルト]でお仕事をご一緒させていただいた方、今回の展に合わせて「Norito Shinmura Works」作品集を。贈呈本が届く、どの作品も新村氏の優しい目線が。展示会にお伺いできなかったのが残念です。

 

 

ハロウィン 10/7

代々木ビレッジの近くで生徒さん達とランチ、帰りに今年のハロウィンはどんな感じかなと寄り道する。夏のメキシカンガーデンにハロウィンが合体、陽気なメキシカンスカルがカワイイ。

 

 

ワークショップ 10/7

キルト&ステッチショー開催中にタイからいらした方々のワークショップを。サワディカーで始まり、コップンカーで終了する、憶えた単語はこの二つだけ、タイの方々は笑顔を絶やさず、熱心に学ぶ姿は眩しい。ワークショップの写真は、タイに出向きパッチワークを教えてらっしゃる平沼先生が撮影。くそ真面目な顔の私、中島氏との会話の内容は?

 

 

お食事会 10/7

ワークショップ終了後、サンシャインビル60階でお食事会、池袋の街を一望!!

一期一会でなく再会したい方々、お名残惜しい…。

 

 

キルト&ステッチショー 10/7

キルターズスタジオの多くの方々が入賞、入選しましたことを嬉しく思います。生徒さんの作品が会場に飾られてるのを拝見、どの作品も会場で輝いてました。ワークショップで他の作品がゆっくり見れなかったのが残念、ポスターやリーフレットになった小関氏のアンティークキルト、先生方所蔵のキルトのコーナーに癒される。

 

 

岡野栄子氏のキルト 10/7

昨年の11月、大崎O美術館開催のキルト工房「バスケット」作品展で拝見した縦横無尽のザクザクステッチの作品郡にノックアウト。キルト&ステッチショー、岡野栄子氏の赤と白のタペストリーに再ノックアウト。

 

 

陰影 10/7

先週出かけたスパイラルの「窓から見える世界」展、窓をイメージしたオブジェ?彫刻?

新たにできる陰影が美しい。