ランチタイム 9/19

お昼を挟んで材料買い出し。NEWoMANでランチをと張り切ってたのにランチタイムでどこも混雑、パンを購入して帰宅する。レジ近くに置かれたFAR YEAST東京、このお酒はどこからの発売?ラベルのロゴのデザインや配色、ネーミングに興味津々。

 

 

気になる二つ 9/19

サザンテラスにオープンしたSHAKE SHACKの「HとE」の横ラインの位置が低くて不安定、デザイナーさんは敢えて低くしてアクセントしたんだろうけど、この前を通るたびに気になってしまう。気になるもう一つはハンバーガー、お肉以外にお魚メニューはあるのかな?

 

 

ミシンピーシング 9/19

東京国際キルトフェスティバルの作品制作に奮闘中、配色の次はピーシング。ピーシングはハンドがメイン、キルティングはミシン、この数年はこのスタイル。今回は時短でミシンピーシング、糸に悩む。内容よりパッケージデザインで買ってしまう私、Metterのデザインが好き。

 

 

ハンドピースワーク 9/19

時間短縮で全部ミシンでピースワークしたいが正確に縫える自信がない…、ハンドとミシンの混合。1日のノルマを課してファイト!!10月末の締め切りに間に合うかヒヤヒヤの日々。

 

 

ハワイアンキルト展 9/19

ホノルル美術館所蔵のハワイアンキルト展へ。茅ヶ崎美術館は「オッペケペー節」で一世を風靡した川上音二郎と貞奴夫婦が住んでいたという場所に、美術館近くには可愛らしいデザインの教会があったり。この日は新宿からグリーン車で小旅行気分。

 

 

フラッグキルト 9/19

ハワイアンキルト展は20作品展示、見たかった作品は「わがいとしの旗クエ ハエ アロハ」のフラッグキルト。帰宅後、買ってきた図録を見てフムフム、内容は長くなるので省略。ウエーブキルトと異なるデザインのキルティングやアップケの回りの鶏の足(ワワエモア)ステッチが見れたり、知ることができたりの有意義な展となる。

 

 

アメリカンフラッグ 9/19

アメリカンキルトを知った初期の頃に購入したアメリカンフラッグヒストリーの本、星とストライプのデザインがカッコイイと思ってた頃が懐かしい。アメリカンフラッグのドールキルトを作ったことがあります。

 

 

homspun 9/10

手の平サイズのホームスパンの秋冬カタログが届く、ホームスパンらしい撮影と編集レイアウトが好き。ショールームでイラストレーター中川清美さんの水彩画集出版記念展が9/14~23開催。アクセサリー作家でもある中川氏、雑誌「装苑」でも連載中。

 

 

ハワイアンキルト展 9/10

ホノルル美術館所蔵のハワイアンキルト展がスタート、開催は9/10~11/5。行ったことのない茅ヶ崎美術館、いつもだと仕事を早めに切り上げて…、そんなわけにはいかない、オーバーだけど1日のスケジュールでの観賞。ハワイの歴史とともに歩んだヴィンテージハワイアンキルト20点の展示、貴重な機会なのでぜひ行きたい。

 

 

国際キルトフェスティバル 9/10

来年開催の国際キルトフェスティバルの作品制作に奮闘中、毎回のことだが10月締め切り間に合うか綱渡り…。マルチ配色の予定が数少ない配色に変更、時間が欲しい。F.O.I(藤田久美子×中島一恵)のオリジナルプリントがアクセントで活躍中。

 

 

変更メール 9/10

ブログはJimdoを利用して更新、9月5日からログイン方法変更のメールが届く。参った!!指示のメールアドレスとパスワードを入れても、どちらかが違いますとログインできず。確認して何回挑戦してもログインできない、悪戦苦闘…結果、息子に助っ人のお願いをする。そんな訳で9月のブログが更新できないでいました。

 

 

再び 9/10

夏休みは終わり、お教室スタート。教室後の生徒さんとのランチは以前に行ったお店、天井にはアールヌーボーの照明、壁には日本画etc.いろいろだけどなぜか寛げる。ランチメニューは魚、お肉、魚とお肉のセットの3種、もちろん私はお魚、生徒さん達は魚とお肉のセット。

 

 

新宿伊勢丹 その1 9/10

伊勢丹1階ステージ、雑誌で見たベルヴィヴィエのモンドリアンシューズを見ることができる。

 

 

新宿伊勢丹 その2 9/10

ショーウィンドウはなぞなぞ?謎解き?5階リビングフロアの撮影OKのアートフレーム「影の形は何に見える?」何だかわからない…。

 

 

台風一過 9/10

午後からの打ち合わせで急いでお買い物、台風一過の青空。代々木ビレッジ内のパン屋さんプルクルでお昼のパンを購入、近い場所なのに信号を渡るのが不便に感じてしまう。石釜で焼かれたパン屋さんのピザはモチモチ。ビレッジの奥まで数分散歩、雨後の木々はイキイキ。