新クラス 3/21

昨年の秋にスタートしたキルト塾をとても大切に思ってます。藤田ゼミがなくなった現在、デザインや専門的なことを学びたいというお問い合わせの方にはキルト塾の説明を…。キルト塾の曜日が都合が悪いという方(藤田ゼミを長期受講)のキルターズスタジオ月1回教室がスタート。遠方は岡山から、皆さんに多くのことを学んでいただきたく思っています。この日はスイスデザインのグリッドシステム応用の紙コラージュ、構図のバランスレッスンetc.

 

 

課外授業 3/21

生徒さん達とオペラシティアートギャラリー主催のスイスデザイン展へ。アトリエから徒歩約15分、岡山からいらしてる方の帰りの飛行機を気にしながらGO!!帰りにコンランショップへ、同階のコーナーがリモデル、壁紙がパッチワークパターンの様。

 

 

東信氏 3/21

アトリエの打ち合わせを終えてから伊勢丹など新宿をぶらり。伊勢丹店内のテーマは「生命の祝祭」だそうだ、球根がメインモチーフ、店内のあちこちにヒヤシンスの球根が並んでいる。このフラワーアートをデザインしたのは東信氏、蜷川実花氏監督の「さくらん」の花を演出した人。5Fにオープンしたフラーショップは東信氏が手がけたショップ、知らずして拝見する。ショーウィンドウのイス、天井の鏡に映ってる小さな赤色は球根の袋です。

 

 

竹尾ポスターコレクション 3/21

竹尾見本貼本店の「サイケデリック・ポスターロック音楽とグラフィックデザイン」展へ。この時代はちょうど美短大生、学園紛争やベトナム戦争への民衆運動、フォークゲリラやデモで新宿の街はえらいこっちゃ。アールヌーボーの影響を感じるサイケデリックなグラフィックデザインは苦手。影響を受けたデザインは中学の美術クラブに所属してた時に出会った亀倉雄策氏の力強くてシンプルな東京オリンピックのポスター。展示されてたジャニスジョプリンのジャケットが懐かしい…、魂のこもった圧倒的な歌声、好きです。

 

 

紀伊国屋書店 3/21

久し振りに高島屋隣りの紀伊国屋書店へ、欲しい本は見つからず。

 

 

単位展 3/12

空いた時間を利用して21_21デザインサイトの単位展へ。白銀比と数字のポストカードを購入。

 

 

本ものと造りもの 3/21

お花のプレゼントをいただく、右は桐朋教室の最後の日にいただいた造りもののバラ。

 

 

フランス版キルトジャパン 3/21

生徒さんの作品が2点掲載されてます、嬉しいですね。

 

 

充実の1日 3/12

アトリエの打ち合わせを終えてから銀座へ、二つの展と映画観賞。クリエーションギャラリーG8の佐野研二郎展「黒に白 MR_BLACK&WHITE」、ギンザ・グラフィック・ギャラリーのAPPLE+ 三木健|学び方のデザイン「りんご」と日常の仕事。ぜひ足を運んでいただきたい展です。映画は「繕い裁つ人」。佐野研二郎氏の展は4/1まで、三木健氏の展は3/31までです。

 

 

英語版 3/12

文化出版局刊「藤田久美子のパッチワークパターン318」が英語版で発売、楽しみにしていた本がやっと届く。アメリカでは去年の11月に発売、届くのが遅過ぎ!!国内外からの問い合わせが多かった本、amazonから注文できますよ~。文化出版局担当者のTさん、翻訳本に携わった多くの皆様に感謝申し上げます。

 

 

「気づき」 3/12

打ち合わせを終え、お疲れさんの食事は市ヶ谷駅近くのイタリアン、前菜のウニプリンからスタート、超美味しい~。横断歩道のメンテナンス、くっきりした白いラインが美しいです。この美しさの「気づき」はユニットの相棒の中島一恵氏、何気ない生活の中のろいろなことへの「気づき」はとっても大切。

 

 

ヒカリエその1 3/12

用事を終えてからヒカリエのギャラリー「d design travel OITA EXHIBITION」へ。大分県の「デザイン」と「旅」の視点から見る展覧会のコピーに見せられて出かける。大分県立美術館が4月にオープンするそうです、ぜひ行ってみたい美術館。

 

 

ヒカリエその2 3/12

ヒカリエのギャラリーは11時オープン。ギャラリーオープンを待って8階フロアをぐるり。カーテン内の7配色のイス達、自分だったらどんな配色にするかな。

 

 

hom spun 3/12

hom spunは渋谷の富ヶ谷にあるお店、東急文化村に近い所に。ときどき届く印刷物のセンスが好き、前にも書きましたが冊子は約10×15㎝のミニサイズ、中ページにはコピーはなく只写真だけ。随分前に文化出版局から本を出版、その本がとってもカッコイイのです。ずれて営業時間変更の黄色のハガキが届く、いい感じの手書き文字。

 

 

ギャラリートーク 3/12

21_21デザインサイトで「単位展_あれくらい それくらい どれくらい」がスタート、ギャラリートークに合わせて仕事の合間にGO!!スライド資料を説明しながら、若者?男子の展覧会準備・展示作品のワイワイトーク、これが実におもしろい。今回のポスターデザイン(展覧会グラフィック)の中村至男氏、味のある?間の取り方がいいのです、ファンになりました。土曜日で会場は混雑、8時遅くまでの開催、次は人の少ない平日に行くことにしましょう。

 

 

桐朋教室 3/12

長い年月勤めさせていただいた桐朋教室にピリオド、定年退職は75才とのこと。今月で65才、後10年勤められるのか…、潮時が大切です。お教室終了後に生徒さん達と食事会、専門家の方が作られたという繊細なお花をいただく、何度見ても本物の様!!

 

 

夕焼け 3/12

ずいぶん日が延びました、歯医者さんの帰り道の夕焼け。

 

 

楽しく学べるパッチワークキルト実践講座 3/4

パッチワーク通信社主催の「楽しく学べるパッチワークキルト実践講座」は2日連続のワークショップ、各月いろいろな先生方が担当、2月はこうの早苗さん、3月は藤田久美子。講座内容は「アルファベットとモダン」+配色レッスン、2日間とっても中味の濃いカリキュラム。受講者の方はリピーターの方が多く、沖縄からいらして下さる方も、皆様との再会が嬉しいです。和気あいあいのとっても楽しい講習、あっという間の2日間でした。

 

 

湯島天満宮 3/4

パッチワーク通信社から徒歩数分の所に湯島天満宮、講座を終えて少し早い梅を観賞。



キルトジャパン161号 3/4

キルトジャパン連載3回目の号と掲載作品が返却される。今回の号は相棒の中島一恵氏がファイト!!打ち合わせで私は「いいね」,「超いいね」,「いいと思うよ」を言うだけ。素敵なタイポグラフィのページになりました、どうぞご覧いただけましたら。



ランチ 3/4

土曜教室のランチは美味しいお米の「田んぼ」で、「田んぼ」はお店の名前です。初めてキルターズスタジオ(藤田ゼミ)にいらした方が、案内地図に書かれたお店「田んぼ」を本当の田んぼだと思い迷われたことが…。おひつに炊きたてごはん、余分な水分がなくなって本当に美味しいのです。

 

 

プレゼント 3/4

マニュキアのプレゼントをいただく、グットタイミング何て素敵なプレゼント。パッチワークキルト実践講座の1日目は黒のファッションに合わせて黒のネイル、2日目は赤・青・白のトリコロールのファッションに合わせて赤のネイル。

 

 


キルトリーダーズ神奈川の作品展 3/4

キルトリーダーズ所属の生徒さんの作品が展示されてる、みなとみらいギャラリーへ。帰りに横浜美術館のホイッスラー展へ、あまり縁のない絵画ですがやっぱり名画の実物には感動します。

 

 

関西出張その1 3/4

キルト塾を終えて、ユニットの相棒の中島一恵氏と新幹線の時間を気にしながら東京駅へGO!新幹線の中では仕事の打ち合わせ、あっという間に大阪着。ホームには文楽の大きなポスター、いつも大阪滞在の時に観賞できたらいいな~と思ってる文楽。ポスターを横目に、仕事を通じて親交を深めた友人との待ち合わせの大阪駅へGO!UMEKITA DININGで食事会?飲み会?話はエンドレス。



関西出張その2 3/4

大阪・名古屋キルトリーダーズ講習会は残念ですが撮影禁止、私が真面目に講義している写真はありません。(笑)写真はホテルの朝食、いつも元気にガッツリ食べれる相棒のトレイ。講習会の準備に奮闘いただきました役員の皆様、大変お世話になりました。受講の皆様ありがとうございました、ドーム・横浜キルト展などでバッタリお会いした時には声を掛けてくださいね。大阪・名古屋キルトリーダーズの役員の方からお礼の手紙とFAX、受講の皆様にとても喜んでいただけたとのこと、嬉しいお言葉ありがとうございます。

 

 

関西出張その3 3/4

名古屋講習会場の上階から見る景色、前回の講習会の時に名古屋城へ行ったな…。今回は観光なしの講習会、ユニットの相棒との楽しい珍道中、タクシーの運転手さんに男の人に間違われました。(笑)