新柄 10/26

FIRST OF INFINITYコレクション、2014年新柄ができました!!横浜キルトウィーク(11/6~11/8)のルシアンブースにて発表、小売店さんでの販売はその後になります。イメージ通りの生地に仕上がってるのに安堵、自画自賛どの生地も超いい感じ。近々、キルターズスタジオホームページのショップにて先行販売予定、ご覧いただけましたら。

 

 

スラブセリフ 10/26

スラブセリフは書体の名前、文字を構成する縦線、横線の幅と飾りのセリフも同じ幅の書体のこと、エジプシャンとも言います。通りすがりに目に入ってきた「HOME OF THE WHOPPER」はスラブセリフ。

 

 

花 10/26

秋には一段落するかなと思ってた歯の治療、予定は崩れ去り来年になりそう…歯医者さんまでの道程、草花に癒されます。

 

 

お帰り 10/26

キルトジャパン連載、FIRST OF INFINITYの作品が戻って来ました。ファブリックパネルのボックスを持った女の子は中島一恵氏のオリジナル、良いデザインですね。上の写真は納品前日、下はお帰りのパネル、裏側に少し見えるプリントがチャーミング。

 

 

2015年カレンダー 10/26

パッチワーク通信no.183、付録のカレンダーにFIRST OF IN FINITYの作品が掲載、本誌にも生徒さんのキルトが、どうぞご覧いただけましたら。カレンダーを手に取り、今年も残り僅かと感慨深い気持ちになる。

 

 

箱根その1 10/26

土曜教室終了後、お教室の生徒さん達と箱根へGO。箱根着は真っ暗な時間、川のせせらぎを聞きながら旅館までテクテク。到着間もなく宴会スタート、そして2次会、帰りの時間を気にしないで飲むお酒は実に美味しい、お酒に弱いのにこんなことを言ってみたくなる解放感。翌日は彫刻の森美術館へ、澄み渡る青空、木々の緑は癒しの空間、ロシア構成主義に影響を与えたというピカソのキュビズムに見入る。

 

 

箱根その2 10/26

旅情をかき立てる箱根駅前の赤い橋、締めはおみやげさん通りとこの橋。

 

 

ロシア構成主義 10/26

来週スタートするキルト塾、ロシア構成主義の説明で、絵本も影響を受けてることをやっぱり話そう、スライド資料を追加する。写真は「幻のロシア絵本1920-30年代」展の図録。

 

 

武蔵野美術大学 10/26

武蔵野美術大学開催のポーランドのポスター展と見たいと思ってた大学図書館へ出かける。ラッキー、「1980=1990`sエットレ・サットスとヌオーヴォ・デザイン」展と「館蔵スウェーデンポスター」展も見ることができる。興味ある展示会がたくさん開催されてたのに、行かなかった武蔵野美術大学の美術館、これを機にまめに足を運んでみよう。佐藤卓氏も携わったという大学図書館も見れて満足、満足の日でした。

 

 

日本画 10/13

観賞することの少ない日本画展、行って来ました山種美術館の「輝ける金と銀-琳派から加山又造まで」展へ。随所に日本画の用具•素材•技法のショーケースが設けられ、日本画に詳しくない私には心優しい展示。日本画は余白とのバランス、美術館の階段の光りと陰が「金と銀」のようで美しい。

 

 

広尾〜麻布 10/13

広尾の山種美術館から麻布方面へ街ブラ散歩。方向音痴の私、点と点が結ばれ地図が構築されていくのが楽しい。父がまだ生きていた頃、治療の待ち時間に出かけた広尾・麻布散歩が懐かしく想い出される。麻布スーパーマーケットの大小のカボチャ、今年は孫達の仮装パーティはあるのかな…

 

 

キルト塾 10/13

10月28日にキルト塾スタート、「グラフィックの歴史•タイポグラフィック」のスライド資料作りに奮闘中です。新しく購入したMac Pro、プレゼンテーションが簡単に作成できるというKeynoteはとっても便利、実際に映るのかしらと半信半疑で作成する。パソコン持参でキルト塾へ、無事にプロジェクターと繋がりホッ。

 

 

ベビシッター 10/13

もうすぐ1歳になる孫のベビシッター、伝え歩きをしたり目覚ましい成長にびっくり。会うのは2ヶ月振り?そんなに間が空いていたとは…この日は頼もしい助っ人ありのお留守番、娘と二人の孫達が一緒。孫のオモチャが「クジラ」か「サメ」の二派に別れる、私はクジラ派である。

 

 

台風一過 10/13

大型台風接近、娘宅泊を余分にする。テレビのない我が家、詳細な情報に必要性を感じるがやっぱり要らないかな。台風が過ぎ去った後の青空は爽やか。

 

 

運動会 10/13

幼稚園に入園した孫の初めての運動会「その日を楽しみに練習をしてるよ」と娘からの電話、ばあばもその日を楽しみにお仕事をファイト。園長先生の心温まる言葉に感動し、あどけない子供達の演技や競技に感動の1日。当日は過ごし易い曇空、敬老の席での観賞、老いを感じる日々、電車もホームの待ち時間も座りたいのです。

 

 

お好み焼き 10/13

運動会の日の夕食は、お好み焼き屋さんへGO。婿殿は大阪出身、手際のいいお好み焼きの所作にいつも凝視、マヨネーズをシュッシュッ、おかかをパラパラ、海苔をパラパラ。

 

 

世田谷美術館 10/13

神奈川県立近代美術館葉山、2013年10月から2014年1月まで行われていた「ユートピアを求めて-ポスターに見るロシアアヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム-」展、超観たかったのに行きそびれてしまう。展の初日に出かけるのは初めてのこと、開催の1週間前からワクワク。松本瑠器樹氏の膨大なコレクション、マニアックな展なのか初日だというのに人は僅か、独り占めの観賞に悦を感じる。政治と芸術の深いつながり「ユートピアを求めて」の展示会タイトルが切ないです。エル・リシツキーの「赤い楔で白を撃て」の作品を観れたのが嬉しい。

 

 

ピクルス 10/13

quilts 1989(中島一恵)さんが作るピクルスは絶品。