Blog

キルターズスタジオ展準備 11/20

2泊3日の関西出張(仕事&ショップリサーチ&癒しの時間)を終え、次はキルターズスタジオ展の準備!!東京・大阪の指導員養成講座を受講していただいた皆様、お疲れ様でした。テーマは「情報を伝えるデザインの発想…」、キルターの方々には馴染みのないテーマだったと思いますが、このレクチャーを機に幅広いデザインの発想をしていただけましたら嬉しく思います。写真は新幹線内のピクトグラム。

 

 

大阪ショップリサーチその1 11/20

朝から夕方まで、ほとんど地下鉄、車にも乗らずに散策、点と点が結ばれ大阪の街を少し知った感じ。東京の二子玉川にあるリネンバード大阪店、オープンしたての姉妹店「コホロ」でティータイム。行き先々で大阪の人情に触れた心温まる1日。

 

 

大阪ショップリサーチその2 11/20

やめていた雑貨買いが復活!!チェコのホックシートが可愛い。チェコ繋がり、「チャルカ」のお店が移転してました、がっかり。

 

 

ホテルの朝食 11/20

指導員養成講座はユニットFIRST OF INFINITY(藤田久美子&中島一恵)で。朝から元気な中島さんが羨ましい、ジュースと牛乳の4杯は中島さん。(笑)

 

 

京都癒しの時間その1 11/20

関西出張、ご褒美に途中下車して秋の京都を満喫。強行軍のスケジュールで貴船、市内の智積院で知人と合流、どちらも紅葉は少し早かったです。

 

 

京都癒しの時間その2 11/20

初めての智積院、長谷川等伯一門の障壁画と庭園を観賞する。狩野派と等伯、いろいろなことが学べた貴重な時間。等伯の東京国立博物館所蔵「松林図屏風」は余白が美しい作品、好きです。

 

 

夜の大阪 11/20

大阪の夜をご案内いただく。活気のある心斎橋、毎回カメラを向けたくなるグリコの看板。法善寺横町と水掛け不動は40年振り、繁華街の中にありながらこの一画は別格、案内がないと行けない場所。

 

 

キルトハーモニー作品展 11/20

イチョウが色付き始めた真岡市の久保講堂、キルターズスタジオ出身の冨田恵子さんの展へ出かける。国の登録有形文化財だという久保講堂、建物の重厚感とトラディショナルキルトがぴったり。

 

 

インターナショナル•キルトウィーク横浜 11/20

キルトウィークで嬉しいことが三つ、キルターズスタジオ出身の落合恵子さんがグランプリを受賞、FIRST OF INFINITYのオリジナルプリント第2弾の発表、最後の一つはニューヨークのキルト作家エリン・ウィルソンさんとお話しできたこと。モダンキルトのことをもっとお話ししたかったです、語学力がないのが残念。

 

 

オーダー商品 11/20

中島一恵さんの鎌倉展でオーダーしたソーイングセットを受け取る。セットのMARCHANT&MILLS小物とオリジナルの黒と黄色のシマシマBEEのピンがカッコイイ。

 

 

WEB SHOPお休みのお知らせ 11/16

寒さが厳しい季節になりました、キルターズスタジオの生徒さん達は2013年11/26(火)~11/28日(木)の展に向け奮闘中です。ぜひ、いらしてくださいね。Shoppingお休みのお知らせ、都合にて11/17(日)~11/19(火)までお休みさせていただきます、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

鎌倉の展 11/10

カルトナージュの展示会、アトリエラ・バケット作品展と打合せを兼ねて鎌倉へ。鎌倉駅から15分ほどのんびり歩いた山の麓、ロミさんのお店(ジャム専門店)をドンドコ通り過ぎた所にある隠れ家的なカフェギャラリーでの展。瀧澤直美さんの作品はドールハウスのようなカルトナージュ、額の中の計算されたバランスが美しい。カルトナージュの大家、広岡ちはる先生をご紹介いただく。

 

 

鎌倉のランチ 11/10

ランチはイタリアンレストラン「ACCI」、予約してくれた方の知人のお店で贅沢な時間を過ごす。このお店のロケーションは素晴らしいです、周りは静かな住宅街、近くに覚園寺。観光地らしくなくてひっそり観光気分を味わえる場所、空気が美味しい。

 

 

昼夜イタリアン? 11/10

鎌倉でのランチはワインをいただきながら至福の時間を、お酒は弱いのに…。乗り換えなしの湘南ラインはとっても便利、帰りの車中は居眠り、新宿着間際で目を覚ます。夕食を作る元気はなく、改札口近くの「ゴントランシェリエ」のカラスミパンと冷蔵庫にある野菜で簡単な夕食。

 

 

ヤン•チヒョルト展 11/10

ギンザ・グラフィック・ギャラリーのヤン・チヒョルト展へ。氏はタイポグラファー、バウハウスの時代にニュータイポグラフィを、その後伝統的な書体の擁護など書体を追及、氏のタイポグラフィはグラフィックデザインに多大な影響を。

 

 

DOVER STREET MARKET GINZA 11/10

1階のイベントスペースは建築家アルヴァ・アアルト氏(フィンランド)の椅子のインスタレーション。ミッドセンチュリーを調べたときに知った氏、自分が建築した室内のためにデザインしたというテキスタイル、ジオメトリックなデザインがいいですね。

 

 

クリスマスの伊勢丹 11/10

日本手芸普及協会指導員養成講座の最終リサーチで夕方の街へ。講座はユニットFIRST OF INFINITYでの仕事、中島一恵氏が制作した動画の仕上がりは完成度高し、一般の方にお見せできないのが残念です。再度の伊勢丹はクリスマスモード、今年のクリスマスもフィンランド出身のクラウス・ハーバニエミさんのイラスト。

 

 

リニューアルの伊勢丹 11/10

タータンチェック柄が55年ぶりにリニューアル。外壁に棚引くフラッグはチェック柄のみ、伊勢丹ロゴも入らない潔さがカッコイイ。

 

 

孫達と 11/10

国際キルトフェスティバルの作品の締め切りに間に合いホッ。次の仕事のウォーミングアップ?孫達と一緒の癒しの時間を過ごす。散歩、そしてザリガニ釣り、気候は穏やか。

 

 

11月のスケジュール 11/2

11月は盆と正月が一緒にやって来たようなスケジュールにムムムです。(財)手芸普及協会のパッチワークキルト指導員養成講座(東京&大阪)、横浜キルトウィークトレードブースで新柄発表、私にとって最大のイベントのキルターズスタジオ作品展etc.そしてその準備に時間を要してます。キルターズスタジオ展の宛名書き、多い枚数なので料金別納と思ったけどやっぱり記念切手で。50円記念切手は季節の花シリーズ、秋の花が題材だそうだ。シートから切り離すと余白のバランスが美しいデザイン。

 

 

ハロウィンパーティー 11/2

約束していたベビーシッターの日に孫達のハロウィンパーティーの日が重なりラッキー。翌日は朝帰りでお仕事ファイト!!

 
 

事前打合せ 11/2

キルターズスタジオ作品展は11/26(火)~11/28(木)、事前打合せで池袋芸術劇場事務局へ。関係者入り口、野田秀樹氏が目の前を通り過ぎる。そうなんです、劇場では作・演出野田秀樹の「MIWA」の公演中、出演宮沢りえ・瑛太・古田新太etc.また誰か通らないかと打合せに集中できず。(笑)

 

 

代々木・原宿・六本木その1 11/2

仕事のリサーチ、代々木のアトリエからテクテク歩いてオリンピックセンター、代々木公園方面へ。代々木公園は参宮橋門から入って原宿門へ、仕事のことを忘れてしまいそうなまったりな午後、陽射しがちょうどいいです。お隣の明治神宮の入り口カフェで小休止。

 
 

代々木・原宿・六本木その2 11/2

歩道橋から見る逆行の代々木競技場。東京オリンピックは1964年、私が14歳のとき、学校から団体で屋外競技を観に行ったけど、何の競技だったかまったく記憶がない、団体?個人?それすらも。2020年の東京オリンピック、観に行きたいですね。

 

 

代々木・原宿・六本木その3 11/2

六本木も仕事のリサーチ、21_21デザインサイトへ。10月25日(金)から新しい展がスタート、「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」を観る。2007年開館から6年間の23展覧会の再構築、行きそびれた佐藤雅彦氏の「これも自分とみとめざるをえない展」のコーナーをじっくり。405×275mm図録はタブロイド版サイズ、カッコイイけど収納に不便。

 
 

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH2013 11/2

孫達とTokyo Midtown DESIGN TOUCHへ、子供達も楽しめるイベントが盛り沢山。ミッドパーク・ダンジョン(地下迷路をイメージしてのデザインだそうだ)やスタンプラリーを楽しむ。次に森ビルのスヌーピー展と思ったけど入場券売り場は長蛇の列、日曜日の美術館は厳しいです残念だけど中止。

 
 

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH2013の作品 11/2

作品はいろいろな場所に点在、巨大な鳥の足だけパチリ。

 
 

コンランショップ「ボタニカ」 11/2

Tokyo Midtown DESIGN TOUCHのスタンプラリー「デザインを探しに行こう」で東京ミッドタウンのいろいろな階へ。間違って4階に行ったらコンランショップ経営の店「ボタニカ」に遭遇。店の情報に疎い私、ミッドタウンができた時からあったことをつい最近知ったのです。